コロ二アル塗替えと雨漏り その5

コロ二アル系屋根材の塗替えで、「縁切り」、「スペーサー」では、塗替え後の水抜きは完全には出来ない事を前項まで説明致しました。

塗替えによる雨漏り事故の継続的増加の結果、「塗替え」をメンテナンス項目から外して、回避るす動きが出て来ています。

平板系スレート屋根材国内最大手のケイミュー㈱さんは、コロ二アル系屋根材の「塗替え」について、2009年10月のカタログよりマニュアルを削除!しました。

①屋根材の基本性能 防水・防火に関して退色しても問題なし!(塗替え不要) 

②退色して美観的に必要な時 再塗装 必ず新築時の工務店に相談すること!

一般社団法人住宅リフォーム推進協議会(国土交通省傘下)さんの、「長寿命化リフォーム」「屋根・外壁リフォームの留意点」から2010年10月から平板スレート材の「塗替え」項目が削除されました。

国交省傘下の機関と最大手メーカーが削除!することからも分かる様に、平板系スレート屋根材に「塗替え」を行うことは、雨漏りを発生させ住宅の寿命を縮める「重大要因」であることが分かります。

カテゴリー: 屋根リフォーム   パーマリンク

コメントは受け付けていません。